子どものカラー心理学

いい事も悪いこともきっとサインがでています。 ただその気持ちはずっと継続されるとは限りません。タイミングも必要です。その時、その時の気持ちを手がかりとして読み取ってゆく一つの方法です。

子どものカラー心理学について

保育環境と色彩心理

神奈川県の保育内容研究会では、保育士の先生達が集まり、居心地のいい園内づくりをめざして、色彩心理を応用した環境作りや、子供の絵からわかる心の表現ということをテーマに1年かけて研究をしてきました。
そこで、講師をさせていただいたのですが、この研究の成果をみなさんにもお伝えして行けたらと思っております。

保育環境と色彩心理について

カラーセラピー童話

保育士 幼稚園教諭 女性教室 高齢者施設など、色をモチーフにした童話を題材におこなうカラーセラピーです。一瞬の気づきや、疲れた心にスーと入り込むような安らぎや自己肯定感を得られるような物語です。物語を読み解く中で、あなたの現在の色や反対色、そして応援色を見つけましょう。幼児教育に携わる先生方を集めたセラピー教材の利用セミナーも行っています。

カラーセラピー童話について

カラー風車

モチベーションを高めたい、心の穏やかさを保ちたい、人との距離感を縮めたい、気持ちを継続させたい、優しさを意識したい・・・
「今のあなたが望んでいるのはどういうことなのか」を彩色による方法で読み解いていきます。
個人の方をはじめ、保育園や幼稚園、小学校や中学校のPTA、女性教室などで開催しています。

オリジナルのカラー風車に色鉛筆で彩色してもらう方法で、一度に大勢の人の分析(セミナー方式)をすることが可能です。

カラー風車セラピーについて

パーソナルカラー

パーソナルカラー診断 (個人・企業) ひとりひとりの「良さ」を引き出す色、その色の選び方や、活用法をお伝えします。

パーソナルカラーについて

カラーレクレーション

カラーレクレーションは高齢者介護施設などの入居者を対象として「好きな色を使って作るものづくり」を実践して心の安定を図る精神療法です。
季節感を感じていただける内容をスタッフが「オリジナル」で考えて実践しています。 難しいものではなく、多少の認知症があったり、手足が不自由であっても、「できた」という達成感を感じていただけることを目的にしています。

カラーレクレーション作品集へ