子どものカラー心理学|カラーセラピーのエネジーカラーズ

保育環境と色彩心理「保育内容研究会」

色彩心理の効果を使って、「居心地のよい園内づくり」をテーマに「表現」「環境」の二つの視点から各園の実態、問題点をもちより、話しあい実践をしました。

Q:どのような講座なのでしょうか?

私たちの周りにある沢山の色はそれぞれに固有のメッセージ(エネルギー)を発しています。それらは人の 感情や行動に影響を与えています。人は今の自分と波長が合うもの、又は補うものを無意識に求めているのですが、保育の場面の中での問題点をとらえ、場面によって色彩心理の効果を発揮できる色を取り入れ工夫してみることで、環境を整えて行こうというご提案です。

現場でできる色の演出をご提案しています

(例)

  • 落ち着かない子がいる中での色の環境
  • 保育士のエプロンや服の色
  • 保護者との面談の時に着る色
  • 家庭訪問に行く時の服の色、(クレーマーや難しい人)
  • 話し合いの時の色

又、指導者である先生が現在どんな心理状態でいるのかを、カラー風車に彩色していただくことで実感していただき、色のメッセージを感じていただく時間をとっています。

保育環境での色の演出

色のイメージとグループ、深層心理と体調との関係など、色に関するコミュニケーションの基礎を学んでいただきます。

  • 色のイメージと効果
  • その日身に着けたいと思う色と体調の関係
  • 好きな色の深層心理とアピール
  • パーソナルカラーの視点から

お気軽にお問い合わせください。

幼稚園教諭や保育士の先生、子育て関連の方の研修を行っています。
会場はご指定下さい。

コンタクト