色のサプリメント

朝食の後、庭に出てビオラとパンジーの花を見ることが私の1日の始まりです。 小さな庭に左右対称に並べたプランターの数々は赤系、橙系、黄系、青系、紫系、ピンク系、白系といった色の順番で、そこを通ると両側に同じ色が見えて自己満足ながらちょっとした色のワールドを楽しんでいます。 これは、いわば色のサプリメント。

咲き終わった花柄をつんだり、新鮮な花の色に触れていると、自然とエネルギーを感じとることができます。 栄養食品のサプリメントを摂るかわりに、目から、指先からいろいろなエネルギーを補給しています。 食後の習慣となっているのも、その心地よさを感じているからなのかもしれません。 「スミレ本来の色だからなのでしょうか。」日差しの少ない冬の時期でも我が家の花は紫系がすくすくと沢山の花をつけて成長しています。

ただ、今の世相の「危うさ、不安」というメッセージがこの紫色に表われているようで、ちょっと皮肉にさえ感じてしまうこともあるのです。 実はこんな時代だからこそ、「赤を元気に咲かせたい」と内心は赤の花に声援を送っています。 赤は現状を「変えたい」と強く思う時に求める色。 気持ちを奮い立たせ、瞬発力になるサプリメントです。

「いつか変えたいなあ」「変わったらいいなあ」という程度の気持ちにはそぐいません。 きっと今、この赤い色が気になり始めている方も多いのではないでしょうか。 赤い色にビビッときたら思い切って目につくところやファッションの一部に取り入れてみましょう。 あなたの本気度に赤い色は決意のあることを確かなものにしてくれます。

インデックスへ