憧れのブルー

「世界中で最も好まれている色」というのが統計にありました。それによると最も好感度が高いのは青系の色なのだそうです。中でも「明るい青」というのがかなり人気でした。 青は海や空の色、自然界で最も大きな面積を占める色です。「今日の天気は?」と毎日空の色をうかがうように、人は無意識のうちに青を意識しているのかもしれませんね。そして、青の世界は無限に広く、つかもうとしてもつかみきれないそのもどかしさが、青という色への憧れに結びついているのかもしれません。

青は、冷静、真実、知性、憂鬱などの象徴です。青系のカーテンやカーペット、ソファーなど、青を基調としたインテリアの中に身を置くと、脈拍や血圧が下がり、リラックス効果が得られます。青はイライラを静め、心を落ち着かせる色なのです。

スポーツクラブなどで、青く塗られたプールの中をゆったりと歩いている時に心と体が開放されるのを感じた経験はないでしょうか?これは、水による癒しや体の動きによるものだけではなく、視覚による効果も大きく手伝っています。青を目にすることで得られるリラックス効果は不眠にも効果的です。 「最近どうも寝つきが悪い、ぐっすりと眠れない」と感じた時は、枕カバーやシーツ、パジャマの色などを青系のものに変えてみましょう。心の興奮がやわらいで、眠りの世界へと導いてくれるはずです。

また、最近青が気になるという方は、「自分の心の内を見つめなおしたい、心の向きを確認したい」という時です。そんな時は、意識的に空や海を見つめてみて下さい。心の煩わしさから開放され、すっきりとした気分になり、素直な気持ちがよみがえってくることでしょう。

インデックスへ